1. ホーム
  2. MTRの特徴
  3. 投資法人の特徴
  4. 選別投資による安定的なポートフォリオの構築

選別投資による安定的なポートフォリオの構築

東京都心部のオフィスビル中心の「総合型リート」

東京都心部のオフィスビルを中心としたポートフォリオを構築し、中長期的な安定運用を図ります。 また、ポートフォリオの用途集中リスクを軽減させるため、用途分散します。

■目標ポートフォリオ

全体での用途別投資比率 投資エリア
東京都心部 その他
オフィスビル 70~90 60~70 10~20
商業施設 10~30 0~10 10~20
その他
合計 60~80 20~40
(注1) 上記「目標ポートフォリオ」は、現在の経済情勢・不動産市場動向等を考慮し作成したものであり、運用期間において、
かかる経済情勢等が著しく変化しないと想定した場合のものです。
(注2) 投資比率は投資不動産の取得価格に基づく比率であり、一時的に記載数値を満たさないことがあります。
(注3) 複数の用途を有する物件については、その主たる用途をもってその属性を判断します。
(注4) 「 東京都心部」:千代田区・中央区・港区・品川区・渋谷区・新宿区
「その他」 :首都圏(東京都(東京都心部を除く)・神奈川県・千葉県・埼玉県)及びその他主要都市
関連リンク
ポートフォリオデータ

市場競争力の高い大型物件への投資

市場競争力の高い大規模オフィスビルを中心に、大型の投資不動産の取得を図ります。

■投資不動産1件当たりの最低投資額

用途(地域区分) 最低投資額
オフィスビル(東京都心部) 原則 50億円
オフィスビル(その他) 原則 30億円
商業施設 原則 30億円

■主要な保有物件

関連リンク
ポートフォリオ一覧