1. ホーム
  2. ESGに関する取組み
  3. ESGに関する方針及び体制

ESGに関する方針及び体制

本投資法人の資産運用会社である森トラスト・アセットマネジメント株式会社(以下、資産運用会社)は、資産運用業務における環境に対する配慮、社会への貢献及び組織のガバナンス強化といったサステナビリティ(持続可能性)向上への取組みが、中長期的な投資法人の投資主価値向上に必要不可欠であるという認識のもと、「サステナビリティ方針」を制定し、これを実践していきます。

サステナビリティ方針

(1)省エネルギーと温室効果ガス(GHG)排出削減の推進

資産運用業務を通じて、運用不動産における効率的なエネルギー利用を推進するとともに、省エネルギーや低炭素化に資する設備等の導入を図り、省エネルギーを通じたCO2排出削減の取り組みに努めます。

(2)循環型社会への貢献

節水や廃棄物削減のための3R「リデュース(廃棄物等の発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再利用)」など、限りある資源の有効活用の取り組みを推進し、持続可能な循環型社会実現への貢献に努めます。

(3)社内体制整備とコンプライアンス

本方針に基づく取り組みを効果的に推進するための社内体制を整備するとともに、環境・社会関連を含む法規等の遵守を徹底します。また、従業員に対し環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する教育・啓発活動を継続的に実施することで、従業員の意識・パフォーマンスの向上を図り、サステナビリティへの取り組みを推進します。

(4)健康と快適性の増進

テナントや施設利用者の健康・安全と快適性の向上を目指した資産運用を行い、また従業員一人一人を尊重して、各個人がその能力を最大限に発揮できるよう健康で働きやすい職場環境作りに努めます。

(5)社外関係者との協働

運用不動産のテナント/入居者、プロパティ・マネジメント会社等の取引先や地域コミュニティといった社外の関係者との間に良好な関係を構築し、連携・協働していくことにより、建物の環境負荷の低減、テナント満足度の向上や地域社会の持続的な発展に貢献できるように努めます。

(6)情報開示

投資主、テナント、取引先等との良好な関係構築のため、本方針やサステナビリティに関する取り組み状況等の情報について、広く開示することに努めます。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティに係る方針や目標を実現するため、取締役、総合リート運用本部及びホテルリート運用本部の運用戦略部長及び投資運用部長、企画財務部長並びにコンプライアンス・オフィサーを構成員とする「サステナビリティ推進会議」を定期的に開催しています。
推進会議では、今後の具体的な⽬標設定や進捗状況確認、保有不動産の継続的な環境モニタリング評価等を実施しています。
また、環境教育・啓発活動の一環として、サステナビリティに関する意識が従業員に浸透するように、定期的に外部の専門家等を招いてサステナビリティに関する従業員研修を実施しています。

情報開示とコミュニケーション

「サステナビリティ方針」に基づき、投資主、テナント、取引先等の社外関係者との良好な関係構築のため、サステナビリティ方針やサステナビリティに係る取組み状況等の情報について、投資法人の決算説明資料、資産運用報告、ホームページ、プレスリリース等を通じて広く開示しています。

ステークホルダー・エンゲージメント

顧客・取引先、投資法人の投資主、地域社会、従業員等のステークホルダーとの信頼関係を構築することが重要だと認識しています。そのために、下記の経営理念を掲げ、それを実践していくことで、ステークホルダーとの信頼関係を構築し、より質の高い不動産運用を行い、付加価値を高め、社会経済の発展に貢献していきます。

資産運用会社の経営理念

サステナビリティレポート

ESGに対する考え方や様々な取組み等を掲載した報告書「サステナビリティレポート」を発行しています。