1. ホーム
  2. ESGに関する取組み
  3. 環境への取組み

環境への取組み

資産運用会社は本投資法人の保有不動産に関して、サステナビリティ方針における「省エネルギーと温室効果ガス(GHG)排出削減の推進」及び「循環型社会への貢献」に基づき、ポートフォリオにおける環境負荷低減に取組んでいます。

環境マネジメントシステム(EMS)

省エネルギーと温室効果ガス(GHG)排出削減の推進、資源の有効利用を推進するため、環境マネジメントシステムを構築しています。
エネルギー使用量、CO2排出量、水使用量を対象として、目標設定、実績把握、予実管理、対策実行を行い、環境負荷の低減を通じた持続可能な循環型社会実現への貢献に努めています

環境への取組み事例

LED照明等の導入

保有不動産の共用部や貸室内にLED照明や人感センサー付照明機器を順次導入し、環境負荷低減に向けた省エネ活動を推進しています。

(主な導入事例)
ONビル・紀尾井町ビル・大崎MTビル・御堂筋MTRビル・広尾MTRビル・天神プライム・新横浜TECHビル
渋谷フラッグ・ホテルオークラ神戸・パークレーンプラザ他

  • 紀尾井町ビル

  • 広尾MTRビル

高効率熱源機器導入・空調設備改修

エネルギー効率に優れた高効率熱源機器の導入や、空調設備更新に合わせて省エネ性能が高い高効率空調設備に改修することで、快適性の向上とCO2削減に取組んでいます。

(主な導入事例)
新横浜TECHビル・ホテルオークラ神戸 他

  • 新横浜TECHビル

  • ホテルオークラ神戸

水使用量削減・トイレ機器更新等による節水

保有不動産の共用部において洗面自動水栓装置設置や節水性能の高い衛生機器への更新、雨水・中水の再利用等を通じて、節水に取組んでいます。

(主な導入事例)
ONビル・大崎MTビル・新横浜TECHビル 他

環境汚染等への適切な対応

不動産取得時において、PCB・アスベスト等の有害物質や土壌汚染の問題がないか事前に確認することをプロセスに組込んでいます。保有不動産に有害物質等が存在する場合は、法令に則って適切な対策、管理、処理等の対応を行っています。

テナントや取引先との協働

グリーンリースの導入

一部の保有不動産において、本投資法人とテナントとの間で環境負荷低減を目的としたグリーンリースに関する覚書を締結し、電気・ガス・水使用量の情報共有や環境パフォーマンス向上に関する協議を定期的に行っています。

廃棄物の削減

工事の施工に際して、工事業者と協働して、廃棄物の削減に継続的に取組んでいます。

サプライチェーンマネジメント

PM会社の選定にあたっては、施設運営管理業務、賃貸運営管理業務、リーシング業務等に加えて、サステナビリティに関する取組み状況等も評価しています。

生物多様性の保全

保有するONビル及び大崎MTビルは大規模再開発事業「大崎ビジネスガーデン」を形成しています。敷地はガーデンの名にふさわしく緑あふれる公開空地を有しており、自然との共生・共存、生物多様性の保全に貢献しています。

環境パフォーマンスデータ

環境パフォーマンス目標

資産運用会社は、ポートフォリオ全体においてエネルギー消費量、温室効果ガス排出量、水消費量の削減目標を以下のとおり設定しています。

※エネルギー:電気・ガス・燃料・DHC等 /水:上水・再生水
※ベースライン:2014年及び2015年の実績の平均値
※原単位は、床面積あたりの消費量、排出量をいいます。なお、各物件の保有期間、稼働率で補正のうえ算出します。

環境パフォーマンス実績

※本投資法人のベースライン設定時保有不動産全て(売却物件及び底地物件を除く)をデータの集計対象としていますが、データ把握が困難な部分(住宅の専用部等)は除外しています。
※ 集計期間は毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間としています。